慈悲の瞑想のやり方【マインドフルネス】

慈悲の瞑想は、言葉を唱える瞑想だ。
実際に声に出しても、心の中で唱えてもどちらでも良い。

心安らかに幸せでありますように
悩みや苦しみがなくなりますように
願いごとが叶えられますように

 

まずは、自分の幸せを願う言葉を唱える。

私は心安らかに幸せでありますように
私の悩みや苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように

 

次にあなたのご両親に感謝をしながら唱える。

私のお母さんとお父さんが心安らかに幸せでありますように
私のお母さんとお父さんの悩みや苦しみがなくなりますように
私のお母さんとお父さんの願いごとが叶えられますように

 

次にあなたを導いてくれた恩人に感謝をしながら唱える。
できるだけ沢山の人々を思い浮かべる。

私の恩人が心安らかに幸せでありますように
私の恩人の悩みや苦しみがなくなりますように
私の恩人の願いごとが叶えられますように

 

次にあなたの大切な家族や友人、同僚などをたくさん思い浮かべる。

私の親しい人々が心安らかに幸せでありますように
私の親しい人々の悩みや苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように

 

次に世界中の人々や動物、植物、昆虫など
すべての生きとし生けるものの幸せを願う。

生きとし生けるものが心安らかに幸せでありますように
生きとし生けるものの悩みや苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように

 

マインドフルネスのルーツは、2,500年程前の、
お釈迦様の瞑想がベースになっているという。

 

お釈迦様は、インドの王族の王子としてお生まれになり、
何不自由ない豊かな暮らしをされていた。

 

29歳の時に、「病気・老い・死」という苦しみの存在を知る。

 

そして、これまでの自分の人生が「苦しみを知らないゆえのまやかし」
だったと気づき、出家を決意されたそうだ。

 

普通の人間は、自分の身に苦しみが降りかかって、
初めてこれまでの自分の人生を振り返るのに比べ、

 

お釈迦様は、他人の苦しみを見てそれを
自分ごととしてお考えになられた。

 

そのことがすごいと僕は思った。

 

お釈迦様は、出家して6年後に、菩提樹の影で
瞑想している時に悟りを開き、「八正道」
として人々に伝えられたという。

 

マインドフルネスは、そのお釈迦様の作った
「八正道」がベースとなっている。

 

「八正道」の中の、心をトレーニングする方法
として、マインドフルネスがある。