ヴィパッサナー瞑想とは

マインドフルネス瞑想に似たものにヴィパッサナー瞑想がある。
今回はヴィパッサナー瞑想に焦点をあてて書いていく。

ヴィパッサナー(vipassanā)瞑想は、「観察する」を意味する。
ヴィパッサナーは「物事をあるがままにみる」という意味もある。

ヴィパッサナー瞑想では、全身の感覚を観察することを行っていく。
ヴィパッサナー瞑想は「気づき続ける瞑想」だ。

ヴィパッサナー瞑想について

ヴィパッサナー瞑想はインドに古くからある瞑想法のひとつだ。
今から約2,500年前にゴータマ・ブッダ(釈迦ともいう)によって発見された。

  • この世のすべては移り変わり、変化するもの。(諸行無常)
  • すべては互いに影響を及ぼしあう因果関係の中で生きている。(諸法無我)
  • 苦のない悟りの境地。あらゆることに一喜一憂することなく安定した心の状態。(涅槃寂静)

この釈迦の3つの教えを、頭で理解するのではなく、体験を通して学んでいくのがヴィパッサナーだ。

だが、誤解しないでほしいのは、ヴィパッサナー瞑想は宗教や病気の治療法ではないということ。

ヴィパッサナー瞑想を行う前に、アナパナサティ瞑想を行う。

アナパナサティ瞑想とは

アナパナサティ瞑想とは、鼻の呼吸のみに意識を集中させる瞑想だ。

吸う息(アーナ)と吐く息(アパーナ)に気づく(サティ)瞑想

全身に意識を集中させるヴィパッサナー瞑想の前に、鼻呼吸だけに
意識を集中させることによって、一点集中の能力を高める目的がある。

アナパナサティも他の瞑想と同じく、流派や指導者によって若干
やり方が違うことがある。

アナパナサティ瞑想のやり方

静かに落ち着ける場所を選び、静かに目を閉じて、
楽に座れる好きな坐法で座ろう。

背筋はまっすぐに伸ばし、腕を自然におろし
お腹の前か、太ももの上なら手のひらを上か下向きに置く。

体はリラックスした状態を保つようにする。

鼻の穴の下に意識を向けて、鼻呼吸で深呼吸をする。
自分の自然な呼吸をあるがままに観察する。

サティ(sati)とは、「心に常に留めておくこと」である。
サティは、「気づき」や「念」、「マインドフルネス」
などとも訳される。

鼻の下にサティを置き、「吸ったり吐いたり」する呼吸を
鼻の下で感じ続ける。これをサティすると呼ぶ。

ヴィパッサナー瞑想のやり方

(基本)

静かに落ち着ける場所を選び、自分が楽に座れる坐法で座る。
背筋はまっすぐに伸ばし、両手はお腹の前で組むか、膝の上に置く。
体の内側に起こる感覚を、あるがままにじっと観察する。

ヴィパッサナー瞑想は、いつでもどこでも行える瞑想だ。
座ったままでも、歩いていても実践できる。

ポイントは3つ。

  1. ゆっくり行う
  2. 実況中継をする
  3. 感覚が変化するのを気づき続ける

例えば、歩いて瞑想するときは、「右足を踏み出した」
「かかとを地面につけた」など心の中で気づきを
実況中継するように確認していく。

心の中で感じている感覚や感情も、気づき(サティ)する。

 

過去に、マインドフルネス瞑想について書いた記事も参考までに。

呼吸瞑想のやり方【マインドフルネス】

歩く瞑想のやり方【マインドフルネス】