マインドフルネスやヨガは不眠症にも効果あり

これまで何度がマインドフルネスやヨガについて記事を書いてきた。

今日は、マインドフルネス瞑想やヨガが不眠にも効果がある
ということをご紹介したいと思う。

ストレスや不安症状を抱える人、鬱の症状がある人は、
夜眠れないと訴える人が多いと聞く。

瞑想と不眠に関する研究結果

アメリカの睡眠医学会が発表した研究結果によると、瞑想には不眠症
を治す効果があるという。

研究結果では、被験者に2か月間瞑想を行ってもらい、症状が改善
されたことが明らかになった。

この実験の責任者は、ラマデヴィ・グリネニ氏で、日中に深くリラックスする
ことが夜の睡眠の改善に役立つと述べている。

メディカル・サイエンス・モニター誌によると、瞑想に慣れている人の方が
瞑想しない人に比べてメラトニンの基準値が高いという。

また、意外な事実だが、アメリカの睡眠医学会の調査によると、午前中に瞑想
するとその日の夜の睡眠の質が高まるそうだ。

ヨガや瞑想の呼吸で副交感神経を優位にする

不眠の原因については脳幹の機能低下が挙げられる。

脳幹は脳と脊髄の間の情報伝達の場で、五官の機能や自律神経など
体の様々な機能を動かしたり、調節したりしている部分だ。

ヨガやマインドフルネス瞑想には呼吸法によって、この自律神経の
バランスを整える効果がある。

腹式呼吸をし、ゆっくり息を吸ってゆっくり息を吐いてを
繰り返すことによって副交感神経が優位になり入眠しやすくなる。

夜眠る前に副交感神経を優位にしておくことによって入眠だけでなく
睡眠中の深い眠りもサポートしてくれる。

日中の緊張を解き、リラックスした状態にするのが大切だ。

朝日をしっかり浴びよう

深い睡眠を得るには、夜のメラトニンの分泌量を増やすことが必要だ。

メラトニンとは脳の松果体から分泌されるホルモンで、覚醒と睡眠を
司り、自然な眠りを誘う作用があり、睡眠ホルモンとも呼ばれる。

朝日を浴びると、メラトニンの分泌は止まり、体は日中の活動状態に
導かれる。

メラトニンは朝目覚めてから14~16時間後に再び分泌される。

メラトニンの分泌は主に光によって調節されているので、
朝日とともに起きて日中活動するという生活習慣が大切だ。

夜遅くまで部屋の電気をつけて夜更かしするような生活は
メラトニンの分泌にはよくない。

朝型の生活に切り替えよう

また、不眠の原因のひとつとして、日中の活動低下が挙げられる。

夜眠れないことによって、日中に眠気が残り、そのため体を
動かす気になれず、日中の活動量が低下するので夜になっても
眠くならないという悪循環につながる。

生活習慣を朝型に切り替え、日中はしっかり体を動かして
適度に体を疲れさせることが大切だ。

マインドフルネス瞑想

「リラックスしよう」「眠ろう」と頭で考えれば考えるほど
逆に緊張して夜眠れなくなるということはあるだろう。

あれこれと考えてしまい、眠れないときは、一度思考を止めて
今この瞬間だけに意識を集中する。

呼吸だけに意識を集中させて、何も考えない時間を設けよう。